2017年8月22日火曜日

魚肉SR塾組み上げ編。

前回のバラしから1か月。
各自必要パーツ買い込んで7月末日組み上げとなる。
と思ったら、うおぉ・・・・

ものの見事に隣の敷地の葛(くず)に飲み込まれていた
我が魚肉スピードの駐車スペース
樹海・雲海ならず葛海。
先ず雑草刈りから始まる(苦笑)

さて、車両もサルベージ出来たw
いざEg組付けを始めようかね。

まぁ先ずは各部徹底洗浄からね。

タツヤさんも大樹もシリンダーは黒ペイントをチョイス。



ん?ヒサヲ&ジーザス、そこ何やってんの?

チェーンソーOHしとりました(笑)

洗浄も完了したのでバルブの当たりチェック始めます。

バルブのシール面に大樹が塗っているのは

そ、光明丹っすね。
どんなに近代化してもチェックアイテムは昔と変わらず。
出来るだけ薄く塗れよ。じゃないと全部OKになっちゃうから。

はい、じゃあ挿し込んでみよう。
むぎゅー。

で、やっぱ普通に当たりにバラつきありますからね。
中目のコンパウンドから細目までやっときますか。
あ、ここだけはエアーバルブラッパー使います。
1度でもエアラッパー使っちゃうとタコ棒自力にはもう戻れませんw

ラップ中。

ほいさ。当たりばっちり出たから組付けましょ。

バルブスプリングを工具で縮めて

隙間からコッターをそっと挿し込んで工具解除。

OK。バルブ無事にEgに戻りました。
タツヤさんも大樹も外しの工程ちゃんと覚えていたので
組付けも説明ほぼ無しでスムーズに。

ではいよいよ組み上げといきますか。



遊ぶ魚肉娘(笑)

二人が一番苦労したのがこのシリンダー嵌め込み。
真っ直ぐ下ろしつつカムチェーン持ち上げつつ
ピストンリング1個ずつ押し入れつつ。
これに四苦八苦(笑)
勿論リング縮めとくお助けツールは使わせない。
それを使わない事で各部パーツのEg内での「仕事」がよく理解るからだ。
それに馴れりゃあんなツール無くても組めるてw

カムを搭載してチェーンを回して動きのチェック。
フライホイールを回すとバルブが動き出す。
大樹&タツヤさん
「自分でバラしてから組むとこの動きのメカニズム、めっちゃ理解出来る!!」


そーなんす。
自分でやればこそ「頭だけ理解出来てる」が
自らの手にも指示を出せる様にもなるんです。
自分の愛車との距離が物凄い縮まりますものね。

「あれ?オイルフィルターとエンヂンオイル用意してなくね?」
ザンネンな魚肉はうっかり失念していて
慌ててヒサヲとワタシMuneで買いに出る(苦笑)
戻ったらEgは車体に搭載されていた。

ま、ここまで来ればあとちょいです。

大樹の車体は外装の載せ替えがあるから今日はここまで。
タツヤさんは乗って帰るから一気に組み上げます。

元あった形に戻すだけなのでまぁスムーズにいきます。

と思ったらタツヤさんやってもうた。
長さの違うボルトを突っ込んで締めこんでしまい
事もあろうにクランクケースに「バキッ」と音がしてクラック入れてもうた。

「ぬああぁぁぁ!!やってまいましたぁぁぁぁ!!!」
絶望感から西武線に飛び込もうとするタツヤ氏。
「早まるな!ここフライホイールの場所だからオイル漏れないから!!」
どうにか治る事が理解り一命を取り留めたタツヤ氏。
水入らない様に後日ツネちゃんにTig打ってもらいました。


すっかり夜ですね。



こうしてSR塾組み上げは2台終了。
タツヤさんは無事に快調にOHの終わったSR乗って帰りました。
残る1台、森のSRは森が8月半ばまで仕事が夜勤なので
それでは仕事にも作業にも差し支えるだろ、と
別個で9月あたまにやる事にしました。


自分の愛車を出来る限り自分でやってみる。
無論あてずっぽうやネット観ながらなんて問題外です。
ネットに書いてある事の全てが真実だとは言えませんから。
結果ショップでやってもらうより高くつく事もあります。
無理にやって壊したり手順間違えてEg壊したり、ね。
だから安く済ませたい考えの人はやらない方がいいです。
そっちのベクトルじゃなくて、愛車との距離を縮めたい。
愛車の出すHELPに逐一気付ける主でありたい。
そんな人にはお勧めですね。

そんな感じの魚肉SR塾でゴザイマシタ♪

byMune

2017年6月28日水曜日

魚肉SR塾。

6月の某日。
魚肉クルー2名のSRと
立川のSTUPID CROWNから歩いて20歩の所に住んでる超ご近所さん
タツヤ氏のSRの合計3台のEgを
リフレッシュOHすべく全員で降ろす作業をしました。

タツヤさんのSRは一晩でオイルが全部クランクに落ちちゃうので
Eg内のオイル止めのボールとシールも併せて交換します。

森のSRはかなり白煙吹くので
オイル上がり・オイル下がりどちらかの症状が確定してるので
開けて原因を究明してオーバーホールする計画です。

大樹のは元々私MuneがこのEgで18年間乗ってきて
走行13万㎞いってるので間違いなく各部ヘタってます。
譲渡する前に自分で腰上総点検ですね。

メインの講師は矢部っちとジーザス。
どちらもエキスパートなので受講生うらやましい。



3車3様の外装でございます(笑)
これもまたSRの魅力でゴザイマス。




午前中に車体からEgをオフするべく
手順を指導受けながらせっせとバラす3人。

こっからカメラマンも手伝っちゃうので
手がオイルまみれで写真ございません(笑)

で、お昼前には3台無事にEgオフ。

何かSR密造工場みたいで気持ち悪ぃwww

さて、昼飯食ったらいよいよ内燃機バラしの始まりです。

基本最年少大樹のEgで講師がついて作業を説明して
横で森とタツヤ氏が真似て作業するスタイルで
授業が行われていきます。

久々に日本に帰国したなかじが来ました。
キミは車体W650だろ。
何を始めるんだい?

各自ヘッド降ろしてシリンダー抜き取って
内部のチェックを行います。
大樹のは流石に走行距離いってるので各部疲労あり。
カムが虫食い出ていたのと
シリンダーとスリーブに立て傷あり。
でもこいつ学生でお金無いだろうな、で
仕方ないのでワタシのスペアEgバラしてみる。
2万㎞いかずに降ろした新車Egのドナーなので
中身はほぼ新品に近いミントコンディション。
カムとシリンダーとピストンを息子にあげる。
よって大樹のEgはこれでほぼリフレッシュ完了。
まぁワタシが今後も持っていても意味無いしな、SRのエンヂンは(笑)

混合比が薄めだったので
堆積してるカーボンが白く焦げてたタツヤ氏の内部。
ピストンやバルブに付着したカーボンが超しぶとい(苦笑)
黙々とこそぎ落とす作業に没頭してるウチに
段々ナチュラルハイになってこうして笑い出す。

シリンダー内の状態は3台中一番良かったが
兎に角タツヤさんのこびりついたカーボン、硬ぇwww
この後クランクを横倒しにして
例のオイル落ちの原因であるボールとシールも交換。
こちらもこれでリフレッシュ完了の予定。

森のSRはロッカーアームに偏摩耗、
フライホイールに著しい錆、
バルブに若干の歪みを発見。
現状の腰下でもそこまでクランクの横ブレ酷くはないが
大樹にあげたドナーの腰下の方が言わずもがな良好なので
こっちは森にあげる。
カムはポリッシュで大丈夫だろう。
バルブ関連とロッカーアームだけ何とかしてくれ。

状態関係なくここまで開けたんで
全員バルブステムシールは交換しておこうかね。


バルブガイドは何とかなりそう。
コンパウンドで後日ちゃんと当たり出しましょう。

自分のマシンの面倒はきちんと自分で管理する。
これが魚肉のモットーなので
各自真剣に内部のチェックとレストアに励む。

なのにカメラ向けるとザンネンパワー発揮してしまう。
そう、これが魚肉スピード。

なかじはEg開けてる横でFRPを削ろうとした為
この直後クルーに半殺しにされる。
これが日本での最後の笑顔となる。

こうして各自チェックと必要なパーツのリストアップ、
そして翌月組付けに向けての下準備で
ガスケット剥離とオイルストーンで綺麗に面研まで作業して
本日はこれにて終了。

1か月後に再び皆で今度は組付けとEg載せが待っています。
3人とも馴れない事して疲れたようで
終わったらぐったりしておりましたw
でもまぁSRのデカいカブみたいで中はシンプルでいいなぁ。
ドカみたいに変なシム調整とかんなモン無いし(苦笑)




そんな魚肉スピードの内燃機講習会、
来月に続きます。


Text by:Mune