2019年4月21日日曜日

One Day with 魚肉スピード。


4月19日、Yossieの命日なので
夜中にクルーと墓参りに行く。

灯りとりに廃エースのヘッドライト焚いたが
むしろホラースペック上がるw

ま、当のYossieもこんな夜更けにカチ込まれると思ってなかっただろうから
かなりメーワクだったにちがいない(笑)


5日のレース、お前も連れて行くわ。
あとやまさんも、なw

で、ガレージ行って色々作業。
現在名古屋在住のなかじは東京出張で4日位ガレージ住まい。
あってよかった魚肉ガレージ(笑)


で、デビュー予定の耐久3兄弟、
XLの250・125・80の3兄弟、
まさあきの250長男号の外装フィニッシュしたので借り組み。

こいつは伝統の魚肉カラー。
巷でニンテンドーカラーと呼ばれてるあれです。

デストロイヤー2人、触るな!!w

触れば必ず修理以上のハメになる
こんちゃんとなかじが横やり入れたので
多分長男号は当日コースで止まると思うw

長男金箔。次男銀箔。末っ子銅箔。
泥で遊ぶレーサーには明らかにオーバースペック(笑)


なかじのCR80を擦って壊そうと目論むこんちゃん。
こんちゃんそれ、無駄ではないが無意味な暖気だ。

深夜、矢部も合流。
2人目生まれたので最新スペックの3人乗りで来た(笑)
まぁ毎日これ乗って頑張ってるのはママのYumi嬢だがw

何気に泊まり込み整備は久々なので
クルー、テンションおかしい。

正直酔ってて何でチョッパー乗ってるのか
俺全然覚えてないwww

翌日日中、Eg始動チェック。

えぇ天気やのう♪

ヒサヲも来てた。


ワタシMuneのエルシノアは絶好調。
各部グリスアップだけで整備OK。


末っ子は今回キッズ&レディースで
ウチの娘、響が出走予定。
なので今回は響のゼッケンで360番に。
ジーザス、これ水性塗料だから
次回自分のゼッケンで出走の際は
サイドカバーとゼッケン水でゴシゴシして。
多分落ちると思う。



昼飯食いに行って戻ったら反対側向いたので
無駄に自分の廃エース撮影する。


神山も来た。
長男号のホイール組み上げと
大樹のKE125のコイルまき直しして持ち込んでくれた。
ついでに自分のガレージで出た鉄屑も持ち込んできた。
それ捨てるの俺なんだけど(苦笑)

巻き直したコイルとハイパーコンデンサで
KE125点火が見事に復活。
んではゼッケンとシートワイヤリングで固定しようと思ってたら
神山、勢い良くEg掛かったKEで表へ飛び出す。
何度もウィリーかましてはしゃいで戻って来る。
「神山、俺がタイラップとニッパーとワイヤリング持って立ってる意味、理解る?」
「知らんがな。んな事より俺の作業で見事復活っすよ。きりっ」
「いやさ、お前ゼッケンタイヤで巻き込んで粉砕しちょるよ」
「アッーーー!!!」
神山、田村家に貸しをつくったつもりだったのに
借金が生まれる。。。。

ヒサヲの下駄代わりのカブ、
90なのにスプロケ比が50なんもんだから
妙に吹け上がりが早く異様に回転数だけレーシー(笑)
前後の丁数カウントして後日モディファイ予定。

矢部とソーマ、お昼寝。



次男坊号もEgチェック。
ちょいとキャブのセッティング必要かな。
でもあともうちょいで完調。

反対側のゼッケンは神山に粉砕されて無くなってるw


長男号のタイヤ組付けをスパルタでやらせる矢部。
なんだか必死でレバーこじりまくるなかじ。
MXタイヤ硬いから大変だよね。
まだフロントはいいけどさ、
リアは太いし口径フロントより小さいし
何よりビードストッパーがめっちゃイライラするねんw


今回はKEも調子戻ったし、
大樹も心置きなくライディングできるだろう。
神山ありがとう。
と言いたいところだが
ゼッケン粉砕したのと鉄屑持ち込んだので
お礼は言わない事にする(笑)

さて、ワタシは仕事と夕方に来客あるから
ここらで帰りますね。
久々に泊りでクルーと騒いだから超愉しかったわ♪

翌日、矢部が残りの作業こなして
遂に長男棟上げ。
あとはラズダズに出してるシートが戻ってくれば
これにて作業終了。
ちょっとキャブの燃調がでたらめみたいなので
残りの日数でこれ戻せばOKかな。


この見てくれだけはいっちょ前な3台で5月5日は遊びます。
これだけきっちり塗ってある車体を
塗ったペインターが観てる前で堂々とコカせる。
そんな遊び方早々ないと思われるwww



Text by:Mune

2019年2月5日火曜日

One Night with 魚肉スピード。

 今年の新年会で塗り上がったXL兄弟の次男坊と三男坊。

 +昨年から仕上げに入ってる矢部っちのRM80。
外装の塗装をちゃっちゃと進めるが
こいつら全員あたまにモヒカンペイント入ってメンドくさい。
お前ら旧全日空塗装かよ。
とはいえ凹み治さず構わずで塗れるので愉しい。
いつもは僅かな凹みでも見抜いて治してなので
何っちゅうか、ストレスフリーで愉しい(笑)
どうせ転ぶからなw

 で、いつもの如くフリーハンドで1個4分で描く。
そしたら

「Muneさん、ヒサヲ号そこだとシートに被りますよ」
っきしょう、描き直すよ。。。。

夜中の仕事終わりにせっせと作業進めてる図。
工房かじりつきのワタシをカミさんが撮影。


 出来た。

 三男坊はジーザスの車体なので
ブリティッシュグリーンに銅箔。

ヒサヲ号次男坊は魚肉の軽トラ、キャリイと同色。
70年代の三菱キャンターの色。
箔は銀箔。

矢部っちのRM80は往年のレーサーTM250にしたのだが、
「Muneさん昨年のレースに同じカラー先にデビューされました」
くっそ!でももう始めたからこのまま続ける!!
赤い部分のチェッカー模様を魚肉にしてやったが、
何っちゅうか、小さすぎて
ありんこにしか見えない。

 邪魔なんで塗り終った翌日に外装ガレージへと運ぶ。
「多分Muneさん来ると思ってたっす」
魚肉の副総帥矢部っちに見事に心の中読まれる。

 仮装着。
魚肉らしくない、カッコいい(苦笑)

RMそれっぽくなってイキがってて可愛い。
ケツのデザイン何とかしたいな。

 っちゅう事で週末の夜皆で集まる。
いよいよ最後の組付けをする。

この日の土曜の夜までは普通に作業していたヒサヲ。





黙々と作業してる矢部っちを2Fロフトから観てる。
と、いう事は

 残りのクルー、早々に作業切り上げて
既に宴会を始めるwww


まぁ愉しいから良し(笑)

 翌日。



 「今年のチキチキ、初戦5月だし長男もやっちゃいません?」
まさあきの長男、XL250もやるかという事に。

ワタシのペイントの負担ハンパないが、
確かに魚肉耐久3兄弟、
全員デビューの方がインパクトはあるわな。
しゃあねぇ、やるか(苦笑)


と、ワタシゃ来客と作業あるので朝には帰ったが

 アルミのフェンダーも無事に装着されたようで

 次男坊はほぼ終了かな。
三男坊はブレーキ廻りあとちょい。

長男まさあきのXl250、もうバラけた。
ワタシが持って帰るしかないわな(苦笑)
で、昨日の夜までは一緒に作業していた
次男坊オーナーのヒサヲ。

前日の夜クルーが呑ませ過ぎたようで
死人の様な肌の色のまま昏々と眠り続け
15時近くまで冥界彷徨ってたので
作業出来なかったそうですwww


そんな魚肉の週末。


Text by:Mune